暗号資産規制法案が衆議院を通過

暗号資産規制法案が衆議院を通過した。

21日 日経新聞は、衆議院は暗号資産規制法案を可決しており、参議院が案件を審議することになると報じた。

法案は既存の銀行法の金融商品取引法、資金決済法の二件の改正に信用取引など、暗号の内容、金融トランザクションに関連して具体的な詳細の規定を加えている。

内閣は今年3月に、暗号資産の信用取引時レバレッジを初期証拠金の2〜4倍に制限する改正案を承認。

関連用語も変更された。既存の「仮想通貨」は、「暗号資産」に置き換えた。ここに日本の財務省の麻生太郎は、法律上の名称である暗号資産を使用することを要求。

一方、政府、金融庁主導の下、様々な専門家、業界間の議論を進め、暗号資産規制策定に素早く動いている。法的権限を確保した暗号貨幣自主規制機関「日本暗号資産取引所連合(JVCEA)」も市場の秩序のための様々な独自の協議規定を出している。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク