仮想通貨採掘用のプログラムマルウェアを侵入させるクリプトジャッキング

コンピュータにユーザーこっそり仮想通貨採掘用のプログラムマルウェアを侵入させることを`クリプトジャッキング`という。

仮想通貨の価格が急騰上昇した2017年からクリプトジャッキングが猛威を振るった。

仮想通貨を採掘するために、コンピュータのCPUリソースのほとんどを活用する必要があるため、他の操作を適切に実行するのは難しい。

業界関係者は、「最近はクリプトジャッキングが進化し、CPUリソースを調整することができるプログラムが出て、リアルタイム監視をしない限り、自分のPCで仮想通貨の採掘機が回っているという事実すら気づくことができない」とし「たとえば全体的なCPUの機能が100であれば、70〜80%だけ戻るようにして、ユーザーがコンピュータを使うために支障がないようにすることだ」と説明した。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク