国際決済銀行BIS ゼネラルマネージャーの見解

仮想通貨が世界的な金融の安定性を損なうと警告していたBIS(Bank for International Settlements、国際決済銀行)は、世界の中央銀行に「予想よりも早くデジタル通貨を発行する必要がある」との意見を示した。

アグスティン・カーステンス 国際決済銀行ゼネラルマネージャーは6月30日(現地時間)フィナンシャル・タイムズとのインタビューで、「国別通貨のデジタル版を作成するための、世界の中央銀行の努力を支持する」と明らかにした。

世界の中央銀行と呼ばれるBISは先月末レポートを使用して、「フェイスブック、アマゾン、アリババなどの情報技術(IT)企業が出す仮想通貨が金融の安定を脅かすだろう」と警告。

BISをはじめ、主要国の中央銀行では、これまで仮想通貨をほとんど投機的金融商品と考えていたため、アグスティン・カーステンスの今回の発言が注目を集めている。

さらに「仮想通貨が導入されると、データや個人情報をどうやって保護するかが問題」とし「仮想通貨がマネーロンダリングに利用されている。副作用を防ぐための規制も必要である」と述べた。

ただし、彼は「このような様々な通貨市場の発展が中央銀行が今後安定したデジタル通貨政策を推進するのに役立つ」と肯定的な側面も認めた。

アグスティン・カーステンスは「中央銀行デジタル通貨の需要がどのようにあるべきかはまだ明確ではない」とし「銀行やIT企業が提供する電子財布は人々の生活を便利にしていく」とも述べた。

先にフェイスブックが先月新しい仮想通貨「リブラ」を通じて来年から決済サービスを導入すると発表し、各国の中央銀行と政界で相次いで懸念を示している。

既存の金融業界では、IT企業がビッグデータを武器に金融サービス市場に進出すれば、金融の安定性、市場競争などで急激な変化が起こることがあるとみている。

このため、リブラガ発売され、規制の動きが本格化することができるという観測も出ている。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク